ニュース
» 2014年02月13日 18時46分 UPDATE

宇宙ミュージアム「TeNQ」、東京ドームシティに誕生 足元に地球見下ろすシアターも

宇宙ミュージアム「TeNQ」が東京ドームシティのビル内に7月上旬にオープンへ。足元に地球や惑星を見下ろせる大型シアターが目玉だ。

[ITmedia]

 東京ドームは、東京ドームシティ(文京区)のビル内に、宇宙ミュージアム「TeNQ」(テンキュー)を7月上旬にオープンする。「宇宙を感動する」をコンセプトに、ミュージアムとエンターテインメント性をかけあわせ大人1人でも楽しめる本物志向の空間になるという。

画像 シアター宙

 大型円形高解像度シアター「シアター宙」(ソラ)が目玉。直径11メートルの円形スクリーンを足元に備え、地球や惑星を宇宙から見下ろす視点で楽しめる。フルハイビジョンの8倍・4K×4K解像度の映像素材を活用する。

 東京大学総合研究博物館と連携し、太陽系博物学寄附研究部門の研究室分室「ラボ」を設置。最先端の研究プロセスも見せるなど、新たなサイエンスコミュニケーションを生み出すという。

画像

 敷地は約2600平方メートルで、企画展、ショップなどもそろえる。年間の動員35万人・売り上げ5億円を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -