ニュース
» 2014年02月14日 19時18分 UPDATE

ヤフーとアドビが提携 「アートな広告」クリエイティブ制作を支援する新サービス

ヤフーが広告クリエイターのコンテンツ制作・入稿を支援する新サービス「Yahoo!クリエイティブスタジオ」を発表。アドビシステムズのコンテンツ作成ツールなどを従量料金で提供する。

[本宮学,ITmedia]
photo アドビシステムズのクレイグ・ティーゲル社長とヤフーの荒波修 執行役員(左から)

 「広告クリエイターの課題を解決する世界最強のタッグだ」――ヤフーは2月14日、アドビシステムズと提携し、クリエイターの広告クリエイティブ制作を支援する新サービス「Yahoo!クリエイティブスタジオ」を今春から提供すると発表した。「Adobe Creative Cloud」などのコンテンツ作成ツールとYahoo!JAPANの広告配信システムを連携させ、クリエイターが広告制作から入稿までをシームレスに行えるようにするという。

 「広告クリエイティブの制作はこれまでメールを中心とした“アナログ”な手法で行われており、作業効率の低さが課題になっていた」とヤフーの荒波修 執行役員は振り返る。発注者とクリエイターの間で膨大なやり取りが発生するほか、過去に制作した広告の効果を振り返りづらい点や、メディア側の掲載審査プロセスなどが分かりにくい点などが問題になっていたという。

 Yahoo!クリエイティブスタジオは、クリエイターに対して(1)クラウド上でコンテンツを共同制作できる機能、(2)発注者やメディアの広告審査プロセスと統合された制作ワークフロー管理機能、(3)広告効果などのフィードバックを取得できる機能、(4)過去の広告クリエイティブを蓄積・共有できる機能――などを提供。クリエイターがさまざまな関係者と協力しながら広告クリエイティブを制作・入稿できるようにするという。

photo Yahoo!クリエイティブスタジオの概要
photophoto

 新サービスはCreative Cloudをはじめ、デジタル資産/Webコンテンツ管理ツール「Adobe Experience Manager」などのアドビ製品で構成。これらに基づくクラウドサービスをヤフーがクリエイターに対して従量課金制で提供していく(料金体系は未定)。まずは法人向けにサービスを提供し、年内には個人事業主向けサービスも始める予定。

 荒波さんは「ヤフーは広告関係でさまざまな取り組みを行っているが、これまではDSPなどテクノロジー寄りのものが多かった。ネット広告ではいかにユーザーの記憶にとどまるかが重要。今年はテクノロジーに加えて“アート”に注力し、アートな広告を制作する人を支援していきたい」と話す。

 アドビシステムズのクレイグ・ティーゲル社長は「Adobeのソリューションと他社のサービスを組み合わせて提供するのは初めての取り組み。これがうまくいけば、日本以外の地域で同様のサービスを展開することも考えられる」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -