ニュース
» 2014年02月18日 12時33分 UPDATE

「株式会社アトラス」再び セガ傘下で社名復活 「感極まる思い」

セガ傘下のインデックスが4月1日付けで「株式会社アトラス」に社名変更。「アトラススタッフ一同、感極まる思いで一杯です」と再出発を報告している。

[ITmedia]

 セガは2月18日、子会社のインデックスが4月1日付けで「株式会社アトラス」に社名変更すると発表した。社名としての「アトラス」は2010年10月の吸収合併で消えていたが、インデックスの経営破たんを受けて「アトラス」ブランドのゲーム事業はセガが取得していた。

 アトラスはWebサイトで「会社組織としての『アトラス』で再出発のご報告ができることは、お客様に昨年来、ご心配を頂く状況が続いていたにも関わらず、変わらぬご声援を頂いて来たからこそであると、アトラススタッフ一同、感極まる思いで一杯です」という感謝の言葉を公表。「未発表タイトルも複数開発している」という。

photo アトラス公式サイトには感謝の言葉

 4月1日付けで、現インデックスからコンテンツ配信関連事業を分割して新会社を設立。新会社は社名を「インデックス」とし、現インデックスは「株式会社アトラス」に社名変更し、デジタルゲーム事業に集中する。

 社名変更と再編について、セガは「(新アトラスの)事業のさらなる成長と新規事業展開の迅速化を目指すのが目的」としている。

 アトラスは2006年にインデックス・ホールディングス(当時)が子会社化し、10年に吸収合併された。だが昨年、インデックスが民事再生法の適用を申請し、セガがゲーム事業やコンテンツ関連事業などを取得していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -