ニュース
» 2014年02月18日 20時49分 UPDATE

富士通、グローブ型ウェアラブルデバイス開発 指先でNFCタグ読み取り、ジェスチャーで「異常なし」入力

NFCタグリーダーとジェスチャー入力機能を備えたグローブ型ウェアラブルデバイスを富士通研究所が発表した。保守現場など、作業中のデバイス利用が難しい環境での効率化を支援する。

[ITmedia]

 富士通研究所は2月18日、NFCタグリーダーとジェスチャー入力機能を備えたグローブ型ウェアラブルデバイスを開発したと発表した。保守現場など、手袋の装着や手の汚れでタブレットなどの端末操作が難しい環境や、作業を中断できない状況でも利用でき、作業の効率化につながるとしている。2015年度中の実用化を目指す。

photo

 NFCタグへの接触を検知するセンサーやNFCタグリーダー、手の動きを検知するジャイロセンサー、加速度センサーなどを搭載し、手にはめて使う。

 ジャイロセンサーと加速度センサーで動きを検知し、ジェスチャーを使った入力が可能。手の動きによって6パターンの入力が認識できるという。通常の作業中にはほとんど表れない手の甲を反らせる動作に着目し、誤作動や誤入力を防いでいるという。

 ヘッドマウントディスプレイ(HMD)上に示されたマニュアルをめくる動きやスクロール、機器の点検時に右旋回なら「異常あり」、左旋回なら「異常なし」と入力するなどの使い方が考えられるとしている。

 作業対象物に貼り付けたNFCタグをタッチすることでNFC情報を読み取り、Bluetoothでスマートデバイスに送信。タグ情報をもとにサーバから関連情報を取得し、スマートデバイスに作業指示などを表示する──といった使い方が可能だ。NFCリーダーはタグに触れた瞬間のみ起動することで電力消費を抑え、連続稼働時間は9時間と、1日の業務を実行するのに十分なレベルになっているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -