ニュース
» 2014年02月21日 09時04分 UPDATE

GoogleはFacebookのWhatsApp買収を阻止しようとしていた──米報道

FacebookのザッカーバーグCEOがWhatsAppに買収を提案したことを知ったGoogleのペイジCEOはコウムCEOにGoogleに来るよう説得したが、その翌日コウム氏はFacebookとの買収契約に署名したという。

[ITmedia]

 米WhatsAppが米Facebookによる買収契約に署名する前日、米Googleのラリー・ペイジCEOがWhatsAppのCEOと会い、思いとどまるよう説得していた──。米The Informationが2月20日(現地時間)、この取引にかかわった3人の情報筋の話として報じた。

 Business Insiderによると、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがWhatsAppのジャン・コウムCEOに最初にアプローチしたのは2012年春のことで、それ以来2人は定期的に会っていたという。具体的な買収の提案はザッカーバーグ氏が2月9日にコウム氏を自宅のディナーに招待して行った。コウム氏は数日間考えた末、バレンタインデーの14日にザッカーバーグ氏宅を再訪し、買収提案を受け入れたという。

 The Informationによると、ペイジ氏は9日の会談について知り、コウム氏にFacebookに買収されることは長期的に独立性を失うことにつながるのでGoogleに来るよう説得したという。

 だが、コウム氏はペイジ氏がWhatsAppがFacebookにとっての脅威であり続けることにのみ関心があるように感じ、Facebookを選んだという。コウム氏はFacebookの取締役にも就任する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -