ニュース
» 2014年02月23日 07時29分 UPDATE

Facebookが買収したWhatsAppがダウン サーバの問題で

WhatsAppのサービスが2月22日の午前中から数時間にわたってダウンしている。同社は原因はサーバの問題で現在復旧中としている。【UPDATE】発表の約2.5時間後、復旧した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが2月19日(現地時間)に買収を発表した米WhatsAppのサービスが22日の午前中からダウンしている。同社は午後12時20分ごろ、公式Twitterでサーバの問題に対処中であるとツイートした。

 whatsapp 「申し訳ありませんが現在サーバの問題が発生しています。迅速な復旧を期しています」

 本稿執筆現在(公式ツイートから約2時間後)、まだ復旧していない。【UPDATE】本稿掲載の25分後、復旧完了の公式ツイートが投稿された。

 whatsapp 2

 Twitter上では公式ツイートの2時間前くらいからアクセスできないというツイートが急増した。ダウンに関するツイートは米、英、台湾、ムンバイなどから投稿されており、世界規模のようだ。Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOの顔写真に「叩きのめせなければ買収してシャットダウンさせればいい」と書いた画像などがツイートされているが、ダウンの原因は上述のようにサーバの問題だ。

 whatsapp down Twitterでの「WhatsApp down」検索結果の画像

 WhatsAppのステータスツイートの履歴を見ると、サービスは短時間のものも含めるとほぼ毎月ダウンしている。同社は現在4億5000万人規模のサービスを32人のエンジニアで支えている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -