ニュース
» 2014年02月24日 07時53分 UPDATE

Windows Phone 8にLenovoやLGが参入──日本のメーカーはまだ

Microsoftは新たなWindows Phone 8パートナーとして中国ZTEやインドLavaなど新興国メーカー9社を紹介した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月23日(現地時間)、スペインのバルセロナで24日から開催されるMobile World Congress(MWC)の会場で、Windows Phone 8の新たなOEMパートナーなどについて発表した。

新パートナー企業

 現在Windows Phone 8搭載端末を提供しているフィンランドNokia、台湾HTC、中国Huawei、韓国Samsung Electronicsに加え、以下の9社が端末を製造・販売するという。

  • 中国のLenovo、ZTE、Gionee、Longcheer、JSR Technology
  • 韓国のLG Electronics
  • 台湾のFoxconn
  • インドのLava(Xolo)、Karbonn

 ソニーが2014年中ごろにもWindows Phone端末を発売するといううわさがあるが、今回の発表にはソニーや日本のメーカーの名前はなかった。

 joe ジョー・ベルフィオーレ氏

 同社でスマートフォン/タブレット/PCの担当副社長を務めるジョー・ベルフィオーレ氏はこれらの新パートナーについて、「中には聞いたことのないメーカーがあるかもしれないが、いずれも世界のスマートフォン市場の拡大をリードする企業だ。各社とも、地域市場のニーズを熟知し、競争可能な製品を提供する」と説明した。

Android向けハードウェアの併用を可能に(メーカー向け)

 米QualcommのSnapdragon 200および400をサポートすること、物理ボタンではないソフトキーにも対応することで、Android端末メーカーが同じハードウェアでWindows Phone端末を提供しやすくする。

 また、新興国市場で人気のあるデュアルSIMをサポートする。

 さらに、ハードウェアパートナーに必要なツールやコンテンツを提供するポータルサイトWindows Hardware Partner Portalを立ち上げた。まだ日本語化されていないが、選択言語として日本語も用意されている。

 wp8

Windows Phone 8.1(?)

 Windows Phone 8の次期アップデートは“春”に行う。Windows Phone 8.1とみられているが、今回アップデートの名称は明らかにされなかった。Microsoftは4月2日〜4日に年次開発者会議「Build 2014」の開催を予定しており、ここでアップデートの詳細が明かされるようだ。

 アップデートではコンシューマー向けの新機能の他、エンタープライズユーザー向けにVPN、S/MIMEのサポート、企業Wi-Fiや端末管理機能の強化などを予定しているという。

Windows Phone Storeの登録アプリが24万本に

 Windows Phone Storeの登録アプリが24万本を超え、現在1日当たり500本のペースで増加しているという。数週間後には、米FacebookのFacebook Messengerアプリが登場する。

 米調査会社IDCによると、2013年のWindows Phone 8の世界市場における成長率は91%で、シェアはAndroid、iOSに次ぐ3位で3.3%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -