ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2014年03月03日 13時55分 UPDATE

自治体ごとの特徴を可視化する新ツール、富士通研が開発

自治体ごとの特徴を可視化する新たな評価ツールを富士通研究所と富士通総研が開発した。

[ITmedia]
画像

 富士通研究所と富士通総研はこのほど、自治体ごとの特徴を可視化する新たな評価ツールを開発したと発表した。

 政府統計など1200項目以上の公開データを活用し、地域活性化に関する50の評価項目を選定。この項目に基づき自治体ごとの「人口」「産業構造」などをグラフ化する。得られた結果を全自治体や類似の自治体のデータと比べることで、各自治体の強みや課題などを相対的に把握できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.