ニュース
» 2014年03月03日 13時58分 UPDATE

ロボットスーツ「HAL」導入の高齢者向け住宅、川崎市にオープン

人体に装着して使うロボットスーツ「HAL」(サイバーダイン製)を導入した初の高齢者向け賃貸住宅が3月1日にオープンした。

[ITmedia]
画像

 人体に装着して使うロボットスーツ「HAL」(サイバーダイン製)を導入した初の高齢者向け賃貸住宅「リハビリふくや高津館」が、川崎市で3月1日にオープンした。

 病気やけがなどで入院していた高齢者が、自宅生活に復帰する前にリハビリなどで使うためのサービス付き賃貸住宅。人の動きをサポートするHALや、リハビリの効果を視覚化する「デジタルミラー」といった最新設備を用意。このほか入居者全員にタブレット端末を配布するなどし、入居者がモチベーションを落とさず自分のペースで自宅復帰に取り組めるよう支援するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -