ニュース
» 2014年03月04日 19時06分 UPDATE

運行情報・時刻表・駅情報を網羅する公式「JR東日本アプリ」リリース 山手線の車両別混み具合も分かる

JR東日本は公式スマホアプリが3月10日に公開。自分が使う路線と駅を登録し、運行情報や時刻表のチェックや駅内情報の検索などが簡単に行えるという。

[ITmedia]
photo

 JR東日本は、公式スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」(iOS/Android、無料)を3月10日にリリースする。自分が使う路線と駅を登録し、運行情報や時刻表のチェックや駅内情報の検索などが簡単に行えるという。

 よく使う路線を「My路線」として10路線まで登録でき、アプリのトップページでMy路線の運行情報を表示。首都圏については路線図方式で運行情報を閲覧でき、列車の走行位置や遅れの状況も確認できる。

 また駅を「My駅」として登録しておくと、駅に関連する情報を簡単に検索できるという。駅についてはJR東日本管内約1700駅の構内図や時刻表、駅施設(コインロッカーの有無など)、駅ビルの情報などを掲載。東京駅では構内図からコインロッカーの空き状況がリアルタイムに確認できるほか、Androidユーザーは自分の位置を構内図で把握できる。

photophoto アプリの機能の説明

 山手線では「山手線トレインネット」として、客の乗車位置や区間に合わせた停車駅の情報、各号車の混雑状況・車内温度が分かるサービスを始める。年度内に3編成で対応し、来年度に全編成で提供する予定。

 アプリのリリースにあたり、鉄道ファンとして知られる俳優の六角精児さんが社員に扮してPRする。

photo 六角精児さんがPR

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -