ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2014年03月10日 20時05分 UPDATE

宵空に月と木星のランデブー 見ごろ迎える

3月10日ごろ、夕方の空では木星に月が接近する様子が観測できる。

[ITmedia]
photo ビルの谷間から見えた月と木星(月の左上)=10日午後7時ごろ

 3月10日ごろ、夕方の空では木星に月が接近する様子が観測できる。木星はマイナス2等を超える明るさ。東京都心でも、宵の空を見上げればビルの谷間に輝く月と木星の共演を楽しめる。

 木星は午後8時ごろに南中。夕方以降、月が木星の南側に接近し、通過していく様子が楽しめる。木星は明るく、都心でもiPhone 5sのカメラで簡単に撮影できる。

 下旬以降、月は明け方に火星や土星、金星に近づいていく。詳しくは国立天文台のほしぞら情報で。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.