ニュース
» 2014年03月11日 15時29分 UPDATE

理研、STAP細胞論文「取り下げも視野」と発表 14日に会見

理化学研究所の小保方氏などが「Nature」に発表した「STAP細胞」の論文に不自然な点が相次いで指摘されている問題で、理研は「論文の取り下げを視野に入れて検討している」と発表した。

[ITmedia]
画像 理研の発表文

 理化学研究所は3月11日、同研究所に所属する小保方晴子氏などの研究グループが英科学誌「Nature」に発表した新型万能細胞「STAP細胞」の論文について、「取り下げを視野に入れて検討している」と発表した。14日午後に東京事務所で記者会見し、経過報告を行う。

 STAP細胞の論文については不自然な点が相次いで指摘されており、共著者の山梨大教授が、論文の取り下げに同意するようほかの著者に呼びかける事態に発展している

 理研は、Nature論文に小保方氏の博士論文の画像が流用されているという指摘について、「理研として重く受け止め、調査を開始した」という。「事実関係をしっかりと把握した上で結論を導き、しかるべき段階で報告する」としている。

 また、以前から指摘されているそれ以外の疑問についても継続調査中だが、「最終的な報告にはまだしばらく時間を要する」という。調査は終わっていないが、「論文の信頼性、研究倫理の観点から」Natureに掲載した論文について、「取り下げを視野に入れて検討してる」という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -