ニュース
» 2014年03月14日 19時43分 UPDATE

リクルートが「UDACITY」と協業、アルゴリズムやHTML5講義を日本語化

リクルートホールディングスが米国のオンライン教育サービス「UDACITY」と協業し、英語コンテンツの日本語化を進めていく。

[ITmedia]

 リクルートホールディングスは3月14日、米国のMOOCサービス「UDACITY」と協業し、英語で提供されているコンテンツの日本語化などを進めていくと発表した。

photo 「Web開発」の講師はreddit創設者のスティーブ・ハフマン氏

 UDACITYは、シリコンバレーを中心とした起業家やエンジニアなどの専門的な講義をオンラインで無料視聴できるサービス。米国だけでなく世界中にユーザーを抱え、講義は英語で配信されている。

 協業の第1弾として、「アルゴリズム」「スタートアップを起こすには」「HTML5ゲーム開発」「インタラクティブ3Dグラフィック」「Hadoopとマップリデュース」「Web開発」の6講座の映像に日本語字幕を追加。日本語の講義ページも用意し、コース内容や前提として必要な知識、講師紹介やシラバスなどを訳して掲載している。今後他講座の字幕作成も進める。

 同社が運営するMOOCs情報サイト「Edmap」内に特集ページを設け、UDACITYで提供されている全講座のカタログおよびシラバスと、コース紹介動画を日本語化。日本人ユーザーへの普及活動を行い、コンピューターサイエンスを中心とした最先端テクノロジーを学習する機会を提供していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -