ニュース
» 2014年04月01日 08時53分 UPDATE

「Microsoft Azure」、5月に大幅値下げへ AWSとの価格比較表公開

Microsoftが、AWSが26日に発表した大幅値下げに対抗し、Windows Azure(4月3日にMicrosoft Azureに改称)を値下げすると発表した。同社が作成したAWSとの料金比較表では、Azureの料金はAWSと同等もしくはより安価になっている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月31日(現地時間)、クラウド構築サービス「Windows Azure」の大幅な値下げを発表した。コンピューティングは27〜35%、ストレージは44〜65%値下げする。値下げは5月1日に実施する。

 これは、米Amazon Web Services(AWS)が26日に発表した各種サービスの4月1日からの値下げに対抗するものとみられる。Microsoftは値下げを発表する公式ブログで、AWSとの料金比較表を公開している。

 この比較表によると、ストレージとVM(仮想マシン)の料金はAWSと同等あるいはAzureの方が安くなる。また、単純には比較できないとしながらも、インスタンス単位でも同等あるいはAzureの方が安いことになっている。特に、昨年10月に追加した2コア、メモリ14Gバイトの「A5」インスタンスはAWSより10%以上安くなるとしている。

 azure A5インスタンスとそれに相当するAWSインスタンスの料金比較表

 同社はまた、現行の標準インスタンスより安価な「Basic」インスタンス(A0〜A4)を4月3日に追加する。これらは標準インスタンスより27%安くなる見込みだ。Basicインスタンスは、標準インスタンスからロードバランシングや自動スケーリング機能を省いたものという。

 同社は4月3日からWindows Azureを「Microsoft Azure」に改称する。同日から開催の年次開発者会議「Build 2014」ではMicrosoft Azureに関するセッションも多数用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -