ニュース
» 2014年04月02日 20時10分 UPDATE

「PlayMemories Online」で他ユーザーの写真見られたのは最大196人 4月10日めどに再開へ

「PlayMemories」のシステム障害で、お互いの写真や動画にアクセスできた可能性があるユーザーは最大196人だったとソニーが発表した。

[ITmedia]

 ソニーは4月2日、撮影した動画/静止画をテレビやPC、スマートフォンなどで楽しむためのクラウドサービス「PlayMemories」のシステム障害に伴うソフト誤動作で、お互いの写真や動画にアクセスできた可能性があるユーザーが最大196人だったと発表した。

 3月末の発表では、対象ユーザーは3月8〜9日に登録した世界696人のうちの一部としていたが、今回の発表では、その696人のうち最大196人で、お互いの写真・動画にアクセスできた可能性があったとしている。

 同サービスは、システム障害に伴うソフト誤動作が判明した3月12日から停止中。4月10日をめどに、国・地域ごとに順次サービスを再開するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -