ニュース
» 2014年04月03日 15時15分 UPDATE

違法ファイル公開ユーザーへの削除要請メール送信、BitTorrentとGnutellaも対象に

CCIFは、違法ファイル公開ユーザーへの削除依頼メール送付対象に4月から、BitTorrentユーザーとGnutellaユーザーを加えた。

[ITmedia]

 権利者団体とISP団体などで構成する「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」(CCIF)は4月から、著作権侵害ファイルを公開しているBitTorrentユーザーとGnutellaユーザーに削除依頼メールを送る活動を始めた。

 2010年3月からWinnyユーザーに、11年12月からはShareユーザーに削除依頼メールの送信を開始。14年1月までにのべ3万7000ユーザーにメールを送ったという。

 新たにBitTorrentとGnutellaを加えることで、国内で利用されている主要なファイル共有ソフトのユーザーを網羅したとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -