ニュース
» 2014年04月08日 18時27分 UPDATE

Raspberry Piがもっと小さくなってSO-DIMMに 「Compute Module」登場

「Raspberry Pi」をSO-DIMM基板に凝縮した「Raspberry Pi Compute Module」が登場。

[ITmedia]

 英非営利団体のRaspberry Pi Foundationは4月7日(現地時間)、超小型コンピュータユニット「Raspberry Pi」の新製品「Raspberry Pi Compute Module」を6月ごろに発売すると発表した。SO-DIMM型基板に最小限のチップを実装した小型版で、産業用途などを想定している。

photo 左がCompute Module。右のRaspberry Piよりさらに小さい

 ノートPCなどに使われるメモリモジュールSO-DIMMの基板に、プロセッサとしてBroadcomのSoC「BCM2835」と512Mバイトメモリ、4GバイトeMMCフラッシュメモリを搭載。Rasberry PiをSO-DIMM型に凝縮した格好で、汎用SO-DIMMコネクタを使ってさまざまなシステムを設計できる。価格は100個ロット時で30ドル程度になるという。

photo Raspberry Pi Compute Module

 開発キットにはテスト用のI/Oボードが同梱され、HDMI出力やUSB接続などが利用可能だ。

photo テスト用のI/Oボード

 当然ながらピンのアサインは異なるため、ノートPCのメモリスロットには差さないように、と注意している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -