ニュース
» 2014年04月09日 06時54分 UPDATE

Windows XPのサポート終了──Googleが企業向けスイッチキャンペーン

MicrosoftがWindows XPのサポートを終了した4月8日、GoogleはWindows XPをまだ使っている企業に向けたChromebook値引きキャンペーンを開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは4月8日(現地時間)、「Windows XP」のサポートを終了した。Windows XPユーザー向けのページ(日本版)には「2014年4月9日(日本時間)Windows XPのサポートを終了させていただきました」と表示されている。

 xp 1

 このページには「ついに変化するときがきました」というコピーが表示されている。米Googleは同日、「ついに本当に変化するときがきました」と題した公式ブログで、同社の「Chrome OS」を搭載するノートPC「Chromebook」への乗り換えキャンペーンを発表した。

 xp 2

 この企業向けキャンペーンでは、Chromebook1台当たり100ドル値引きする。ChromebookとともにWindowsアプリを利用するための米VMwareのDaaSも採用すると、1台当たり200ドルの値引きになる。米Citrixの「XenApp Platinum Edition」採用の場合はXenAppが25%引きになる。キャンペーン期間は6月30日まで。

 Chromebookはクラウド上のアプリを利用し、データもクラウド上に保存するためアプリのインストールは必要なく、価格はWindows PCより割安だ。Chromeアプリはオフラインでも利用できるし、VMwareやCitrixのサービスを使えばWindowsアプリも利用できる。米Cisco Systemsの企業向けカンファレンスシステム「WebEx」も近いうちに利用できるようになるという。

 xp 3

 Chromebookは現在日本では販売されていないが、今月中にも東芝から発売されるとみられている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -