ニュース
» 2014年04月09日 18時54分 UPDATE

新経済サミット2014:OracleのエリソンCEO、ナイーブなプライバシー保護論に苦言 ジョブズ氏の思い出も

「新経済サミット2014」が開幕し、Oracleのラリー・エリソンCEOが基調講演に登壇。プライバシーデータに関する“過剰な反発”に疑問を呈し、「民主主義国家に生きる我々は社会をよりよくするために活用できる」と自説を展開した。

[山崎春奈,ITmedia]
photo Oracle ラリー・エリソンCEO

 内外のIT企業創業者らが集まる「新経済サミット2014」(主催:新経済連盟)が都内で開幕し、トップバッターとして米Oracleのラリー・エリソンCEOが基調講演した。エリソン氏はプライバシーをめぐるユーザーの過剰な反発に疑問を呈しつつ、今後の情報社会の発展について話した。

 エリソン氏は、米国の国家安全保障局(NSA)が国民の通話データなどを収集・監視していた問題が大きな議論を呼んでいることを挙げ、政府や大企業が、ユーザーの家族関係やファイナンスに関するプライバシー情報を多数抱えていることに対し、過剰とも言える反発がある、と苦言を呈した。

 「例えば火も航空機も危険な使い方ができるが、便利な側面にフォーカスされており、規制しようという動きはない」「全てのテクノロジーは“悪用される可能性がある”ので、それだけで必ずしも悪とは言えず、むしろ“これまで悪用されてない”ことの方が重要。民主主義国家に生きている我々は、間違ったあり方は規制し、社会をよりよくするために活用することができる」と自説を展開した。

photo 楽天 三木谷浩史社長

 後半は楽天の三木谷浩史社長がインタビュアーとなり意見を交換した。「プライバシーに対して保守的な意識の人をどう変えていけるか」という質問には「最初から全員に適応させるのではなく、オプトイン/アウトを選択できる個人の権利として訴求することでは。社会が便利に安全になることを見せれば世論はついてくる。Facebookには喜んでプライバシー情報を提供するのは“見返り”として家族や友人と交流できる楽しさがあるから」と答えた。

 何度も大きな買収を繰り返して成長してきたOracle。文化を統合する際に心がけたことは? という質問には、「画一的にルールを決めず、企業ごとに何を統合し、何をしないのかを考えるさじ加減」と話し、三木谷社長が「参考にします」と答えるシーンも。

 親交の深かった故スティーブ・ジョブス氏とのエピソードとして、Appleの主力商品がソフトウェアだった時代に「もうMicrosoftとの競争に疲れた、ソニーと競争する方がきっと面白い」と話していたと明かした。「誰もがAppleはもうだめだと思った時期があった。ソフトウェアの優位性がある上で、ハード開発に挑んだ結果が今」と既存の在り方にとらわれず成長する姿勢について話した。

 エリソン氏は日本庭園を愛する日本好き。東京に暮らし、働いた経験もある。「日本企業での経験で経営者としての働き方を身につけた気がする。長時間努力を惜しまないトレーニングになった」と話し、「このイベントが終わったら京都・南禅寺の自宅に帰ってゆっくりするつもり」と笑った。

 新経済サミットは新経済連盟(代表理事:三木谷浩史 楽天社長)が主催し、昨年に続き2回目。10日まで開かれ、米Yahoo!創業者のジェリー・ヤン氏らのほか、日本からはLINEの森川亮社長らがパネルディスカッションに参加する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -