ニュース
» 2014年04月14日 12時03分 UPDATE

地方公共団体のXP使用率は13.0% 約26万5000台が稼働中――総務省調査

総務省の調査によると、サポート終了後もWindows XPを使用する地方公共団体は13.0%に上るという。

[ITmedia]

 総務省はこのほど、地方公共団体のWindows XP使用状況に関する調査結果を発表した。地方公共団体が保有するPC約204万台のうち、OSサポート終了後も引き続き使用するXP搭載機は約26万5000台(13.0%)に上るという。

photo Windows XP使用状況調査

 調査は今年4月に全都道府県1788団体に対して実施した。XPをサポート終了後も使用し続ける割合は、都道府県は8.6%、市町村では14.5%という結果に。総務省はこれらの団体に対して(1)可及的速やかに更新を実施する、(2)更新が完了するまでの間は当該パソコンの使用を停止する、(3)やむを得ず使用する場合はインターネットに接続しない―といった対策を呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -