ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2014年04月21日 08時47分 UPDATE

Samsung、データセンター火災で一部サービス停止

Samsung Groupの韓国のデータセンターで火災が発生し、同社のスマートTVやSamsung.comのサービスが一時ダウンした。本稿執筆現在それらのサービスは復旧しているが、クレジットカード(Samsung Card)サービスはまだ停止している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung GroupのICT企業、Samsung SDSのデータセンターで4月20日午後12時25分ごろに火災が発生し、Samsung.comのサイトがダウンするなどの影響があった。本稿執筆現在、Samsung.comはアクセス可能になっているが、同グループのクレジットカードサービスはまだ利用が制限されている。

 Samsung SDSの発表によると、韓国の果川にあるICTセンターで火災が発生したためサーバの運用を停止し、データは他のICTセンターに移行したという。Samsung Cardのトップページには今回のシステム障害で顧客情報の喪失、流出はないと書かれている。同社は現在、出火原因と被害規模を調査中としている。

 samsung Samsung Cardの謝罪文

 朝鮮日報によると、ICTセンターの3階の外壁付近で出火し、10階の屋上まで広がったが、同日午後8時40分ごろ鎮火したという。関連企業従業員が軽いけがをした。

 Samsung SDSはクレジットカードサービスへの影響に触れているだけだが、Twitter上にはSamsung TVが利用できない、Samsung.comにアクセスできないといったツイートが世界各国から多数投稿されていた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.