ニュース
» 2014年04月21日 17時33分 UPDATE

KDDI、下り150Mbpsを2万局に拡大へ 「キャリアアグリゲーション」国内初導入

KDDIは、「LTE-Advanced」の技術「キャリアアグリゲーション」を、夏をめどに国内で初めて導入する。受信最大150Mbpsエリアを一気に拡大できるという。

[ITmedia]
画像

 KDDIは4月21日、LTEの次世代規格「LTE-Advanced」の技術で、複数の周波数帯で同時にLTEデータ通信を可能にする「キャリアアグリゲーション」を、夏をめどに国内で初めて導入すると発表した。下り最大150Mbpsエリアを来年3月末までに全国約2万局へと一気に拡大できるという。

 800MHzの10MHz帯域(下り最大75Mbps)と2.1GHzの10MHz帯域(同)を重ねることで、下り最大150Mbpsを実現。周波数ごとの混雑状況や電波環境に応じて最適なスループットを提供できるため、1つの周波数の通信速度が低下した場合にもう1つの周波数で補うなど、より安定した高速データ通信が可能になるという。

 受信最大150Mbps対応の基地局は、キャリアアグリゲーション導入時点で約2500局(2.1GHz帯含む)、来年3月末には全国約2万局に拡大させる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -