ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2014年04月22日 15時04分 UPDATE

Google Glassで現在地のニュース読めるアプリ、日本のベンチャーが開発

今いる場所に関連するニュースをリアルタイムに読めるGoogle Glassアプリを日本のベンチャーが開発。現在地付近で起きた事件や、電車遅延のニュースなどをチェックできる。

[ITmedia]

 ベンチャー企業のキーバリューは4月22日、今いる場所に関連するニュースをリアルタイムに読めるGoogle Glassアプリ(Glassware)「Glassニュース」を開発したと発表した。国内ニュースに対応した初のGoogle Glassアプリという。現在地付近で起きた事件を確認したり、最寄り駅の電車遅延のニュースなどを読めるとしている。


画像画像 千葉県船橋市付近(左)、東京の目黒駅(右)でのニュースの見え方

 Google Glassにインストールすると、GPSの位置情報に基づき、その場所に関連したニュースの見出しを約10分ごとに自動で読み込む。読みたい記事を選べば、Google Glass内のWebブラウザで全文を表示可能。ニュースをGoogle+やTwitter、Facebookで共有することもできる。表示するニュースは、国内のニュースサイトのみに対応している。

 Google Glassは2013年から開発者向けに提供され、14年4月には米国で1日限定で一般発売された。日本では未発売ながら、日本語表示に対応している。同社は今後、Google Glassが国内で発売されれば、同アプリをGoogle Glass用アプリストアで無料で配布するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.