ニュース
» 2014年04月24日 15時59分 UPDATE

携帯・PHS各社、メールの絵文字を共通化 Unicodeに対応

携帯のキャリアメールとSMSにUnicodeを採用し、絵文字の数と種類を各社で共通化する。

[ITmedia]

 携帯電話・PHS6社は4月24日、キャリアメールとSMSで使える絵文字の数と種類の共通化を5月以降順次始めると発表した。従来は他社ユーザー宛てに送ったメールの絵文字が「〓」表示に置き換わるケースがあったが、今後は同じ文字が共通に表示されるようになる。

 発表したのは、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコム。

photo 絵文字の表示イメージ

 各社間で検討した結果、キャリアメールとSMSをUnicodeに対応させることで絵文字の数と種類を共通化することに決めた。対応端末などは順次告知する。

photo 各社の絵文字デザイン(抜粋)

 Unicodeは世界共通の文字コードで、日本発の絵文字が多く取り入れられており絵文字は海外でも利用されるようになっている

 2012年にはKDDIがNTTドコモの絵文字をベースにしたデザインに変更していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -