ニュース
» 2014年05月07日 16時28分 UPDATE

半導体工場が野菜工場に 富士通、クリーンルームで育てた「キレイヤサイ」発売

富士通が半導体工場のクリーンルームを転用した植物工場で栽培した低カリウムレタスを発売した。

[ITmedia]

 富士通は5月7日、半導体工場を転用した植物工場で栽培した「キレイヤサイ」シリーズとして、低カリウムのレタスを発売した。

photo

 「会津若松Akisaiやさい工場」(福島県)で栽培。通常のリーフレタスと比べてカリウム含有率が20%程度に抑えられており、カリウムの摂取制限のある透析患者や腎臓病患者でも安心して生食できるという。

 塵や雑菌がほとんど存在しないクリーンルームで栽培し、農薬も使用しないため、洗わずに食べられるのも特徴。法人向けを中心に、順次全国で販売活動を強化していく。今後レタス以外の低カリウム野菜の栽培にも取り組み、16年度に売り上げ4億円規模を目指す。

 環境コントロール、省エネ対策などのIT技術を活用した自社システム「食・農クラウド Akisai」によって、半導体工場のクリーンルームを転用した大規模植物工場の実証事業の成果。「東日本大震災からの復興支援と地域産業活性化に貢献したい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -