ニュース
» 2014年05月12日 08時17分 UPDATE

Google対Oracle裁判、Java APIの著作権を認める判決

AndroidのJava API利用をめぐるOrale対Googleの裁判で、控訴裁は一審の判断を覆し、APIは著作権保護の対象であるという判決を下した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米OracleがJavaに関する著作権を米Googleに侵害されたと訴えている裁判で、米連邦巡回控訴裁判所は5月9日(現地時間)、対象となっているJava APIは著作権によって保護されているとする判決を下した。

 Googleが主張する「フェアユース(公正利用)」については、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に差し戻した。

 oracle 判決内容

 この裁判は、2010年10月、AndroidでのJava利用が、Oracleの特許および著作権を侵害しているとしてGoogleをカリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴して始まった。Oracleは7件の特許権侵害と、37件のJava APIの著作権侵害を訴えたが、一審では2012年5月、特許侵害は認められず、またAPIは著作権保護の対象にならないとの判決が下された。なお、一審の陪審はフェアユースについての結論を出さなかった。

 Oracleは2012年10月、APIが著作権保護の対象ではないという判断を不服とし、控訴した。

 Oracleはこの判決を受け、Re/codeをはじめとする米メディアに「控訴裁がコンピュータのコードの著作権保護を大幅に制限しようとするGoogleの企てを否定したことは非常に喜ばしい。(中略)われわれは地裁がフェアユースについて適切な判断を下すと確信している」と語った。

 Googleは「この判決はコンピュータ科学とソフトウェア開発に損害を与える判例になり、非常に残念だ。選択肢を検討している」と語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -