ニュース
» 2014年05月12日 19時57分 UPDATE

「データサイエンティスト」って? コンピュータソフトウェア協会が定義を公表

CSAJが「データサイエンティスト」の定義を公表した。データの収集や加工にとどまらない包括的な人材像を示している。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は5月12日、「データサイエンティスト」の定義を公表した。データの収集や加工にとどまらず、戦略立案にも関わる包括的な人材像を示すという。

photo データサイエンティストを包括的な職務と位置付け

 ビッグデータという言葉の普及に伴い耳にする機会も増えてきた「データサイエンティスト」。CSAJは「ビジネスにおいて競争優位性をもたらすために、データの収集・加工・分析に優れた専門性を発揮し、知見を引き出す人材」と定義する。

 データの収集から管理、設計、加工に加え、得られた情報の分析/活用の部分も職務に含み、「データアーキテクト」「データスチュアート」「データアナリスト」などの職を包括するような人材像としている。

 CSAJは、今後データサイエンティスト育成に取り組んでいく上で、収集したデータを生かすフレームワークや戦略立案スキルを会得する「データ活用プランニング」の部分を特に強化したい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -