ニュース
» 2014年05月14日 15時15分 UPDATE

Outlook.comに高度な受信箱整理ルールやアンドゥーなどの新機能

Outlook.comで、例えば「受信してから3日以上たつのにまだ未読で、しかも差出人が自分の連絡先リストにある場合は[重要]フラグを立てる」といった整理ルールを設定できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月13日(現地時間)、WebメールサービスOutlook.comに幾つかの新機能を追加したと発表した。同日から全ユーザーに“ローリングアウト”していく。

受信メール整理の「ルールの管理」が高度に

 これまでは差出人名や件名などでしか設定できなかった受信メール整理のルールに「Advanced Rules(高度なルール)」が加わった。未読/既読や受信時期など、複数の条件で複数のアクションを設定できる。例えば、「もし受信してから3日以上たつのにまだ未読で、しかも差出人が自分の連絡先リストにある場合は[重要]フラグを立てる」といった細かい設定が可能だ。

 outlook 1

アンドゥー機能

 メールの削除、分類、フラグ、迷惑メールへの設定などの操作を1クリックで取り消せるアンドゥーボタンが追加された。または[Ctrl]+[z]でも取り消せる。

 outlook 2

インライン返信機能

 受信したメールを開かなくても、受信メールリストで選択したメールが表示され、その状態で返信を書けるようになった。

 outlook 3

その他

 受信箱の左下に最近のメールの送受信やチャットが表示され、1クリックで続きを開始できるようになった。

 複数のチャットを同時に開き、切り替えながらチャットできるようになった。

 「People」タブで、Skypeを使っている相手、Facebookを使っている相手、現在チャット可能な相手でフィルターできるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -