ニュース
» 2014年05月15日 12時07分 UPDATE

本家「Flappy Bird」、“中毒性を弱めて”8月に復活へ

「中毒性がありすぎた」として人気ゲーム「Flappy Bird」をアプリストアから削除した作者が、8月に改訂版をリリースするとCNBCに語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 flappy 旧版のFlappy Bird

 2月に作者が「中毒性がありすぎた」としてアプリストアから削除した人気無料ゲーム「Flappy Bird」が今夏に復活するようだ。作者のドン・ニュウィン氏が5月14日(現地時間)、米CNBCのインタビューでそう語った。

 ニュウィン氏は2月の段階には復活させるつもりはないと語っていたが、気持ちが変わったようだ。

 新バージョンは、マルチプレーヤー機能を搭載し、中毒性を弱めたものになるという。8月に公開する計画。

 Flappy Birdは2013年5月に公開された横スクロール型のアクションゲームで、小鳥をパイプなどの障害物の間をぬって飛び続けさせ、得点を競うというもの。ルールは単純だが操作は難しくて中毒性があり、5000万本以上ダウンロードされる人気ゲームになった。

 ニュウィン氏は、ゲーム内広告で収入は増えたが日常生活が台無しになったとして旧バージョンを削除した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -