ニュース
» 2014年05月15日 15時38分 UPDATE

東芝もクリーンルームで野菜生産 富士通に続き

クリーンルームで野菜を生産する事業に、富士通に続き東芝が参入。横須賀市内の同社の遊休施設を植物工場に転用する。

[ITmedia]
画像 東芝クリーンルームファーム横須賀のイメージ

 東芝は5月15日、クリーンルームで野菜を生産する事業を始めると発表した。同日、神奈川県横須賀市内の同社の遊休施設を植物工場に転用する工事を開始。今年度上期中には出荷を始め、3億円の売り上げを見込む。

 植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」で、レタスやベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナなどを栽培。菌の侵入を制限した閉鎖型のクリーンルームで育成するため、生産した野菜は雑菌による傷みが少なく長期保存が可能という。

 育成に光の波長を最適化した蛍光灯、均一な温度・湿度の環境を実現する空調機器、栽培状況を把握するための遠隔監視システム、梱包材などを消毒する除菌システム、半導体事業で培った生産管理技術など同社の技術・ノウハウを活用する。

 生産した野菜は、カット野菜やサラダ用をターゲットとし、スーパーやコンビニエンスストア、飲食業者などを中心に販路を拡大。ポリフェノールやビタミンCを豊富に含んだ機能野菜も、ニーズに応じて提供するという。年度内には海外に大規模な植物工場を建設するとともに、植物工場向け機器やシステムの販売を開始し、事業拡大を目指す。

 半導体工場のクリーンルームを転用した野菜生産は富士通が事業化しており、「キレイヤサイ」としてレタスを発売している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -