ニュース
» 2014年05月16日 07時30分 UPDATE

Adobe Creative Cloud、24時間以上ダウン

Adpbeのサブスクリプション制クラウドサービスに24時間以上ログインできなくなっている。Adobeは、ダウン前にログインしたユーザーはログアウトしないよう呼び掛けている。【UPDATE】16日午前8時54分に復旧した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Adobe Systemsのサブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」が日本時間の5月15日午前6時ごろからアクセスできなくなっている。本稿執筆現在の16日午前7時現在、まだ復旧していない。

【UPDATE】日本時間の16日午前8時56分、Adobeのステータスページの表示が「Creative Cloud is operating normally(Creative Cloudは正常に稼働しています)」に切り替わった。

 Adobeのサポートページには、「Adobe IDを使ったサービスがシステム障害のためにご利用できない状態です。これにはCreative Cloud、弊社各サービス、マイアカウント、LWS、体験版のダウンロード、DPS全般などが含まれます。」と書かれている。

 原因は解明済みで、現在復旧作業中という。

 Adobeは、現在サービスにサインイン中のユーザーに対し、復旧までサインアウトしないよう呼び掛けている。

 最新情報はAdobeの公式Twitterで更新されている。

【UPDATE 2】Adobeは米国時間の16日、原因について説明し、謝罪した(関連記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -