ニュース
» 2014年05月20日 08時34分 UPDATE

Google、Android/iOS向けBYODツールのDivideを買収

Googleが、AndroidおよびiOS版BYODアプリを提供するDivideを買収した。DivideはAndroidチームに参加する。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 divide 1

 米Googleが、BYODツールを手掛ける米Divideを買収した。Divideが5月19日(現地時間)、公式サイトで発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。

 Divideは2010年創業のニューヨークに拠点を置く非公開企業。AndroidおよびiOS端末用のBYOD(従業員が会社の業務に私物の端末を使用すること)管理アプリを無料で提供している。端末内のプライベートと仕事を分割(divide)し、仕事の操作はパスワードと暗号化で保護するというものだ。企業のExchange ActiveSync、Google Apps、Lotus Notesとの同期が可能。

 divide 2

 DivideはGoogleのAndroidチームに加わり、「われわれのユーザーが愛するソリューションの開発を続ける」としている。

 本稿執筆現在、Google Playおよび米AppleのApp StoreのDivideは存続しているが、今後どうなるかは不明だ。Divideは、現行ユーザーのサポートは現状通り続けるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -