ニュース
» 2014年05月26日 05時58分 UPDATE

Microsoft、OEM向けにBingバンドルの廉価版Windows 8.1を提供

「Windows 8.1 with Bing」は、Internet Explorerのデフォルトの検索エンジンがBingに設定されているOEM向けOS。ライセンス料が安いため、OEMはPCの価格を抑えることができる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月23日(現地時間)、OEM向け廉価版Windowsの「Windows 8.1 with Bing」を発表した。

 Windows 8.1 with Bingは、OSの性能は「Windows 8.1」とまったく同じだが、Internet Explorer(IE)のデフォルトの検索エンジンがBingに設定されているというものだ。OEMはこの設定を変更できないが、Windows 8.1 with Bing搭載のPCの購入者はこの設定を例えばGoogleなどに変更できる。

 このバージョンのWindowsは、低価格PCのプリインストール版でのみ提供する。このWindows搭載の端末の一部は、Office(バージョンは不明)あるいは「Office 365」のサブスクリプション(1年分)も搭載する。

 Microsoftは、パートナーメーカーがより低価格でWindows搭載PCを販売できるようにするためにこのWindowsを提供するとしている。同社は4月には、ディスプレイサイズが9インチ未満のタブレットとスマートフォンに搭載するWindowsを無料にすると発表した。

 Microsoftは同バージョンのWindows搭載ハードウェアが複数のメーカーから向こう数週間以内に発表されるとしている。台湾の台北で6月3日から開催の「COMPUTEX TAIPEI 2014」で披露されるかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -