ニュース
» 2014年05月30日 16時13分 UPDATE

ドコモ「カケホーダイ」6月1日スタート ユーザー側の切り替え操作は不要

ドコモ「カケホーダイ&パケあえる」が始まる。事前予約したユーザーは、6月1日を境に料金プランが自動で切り替わり、ユーザー側の操作などは不要という。

[ITmedia]
画像

 NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」が6月1日にスタートする。事前に受け付けた予約は120万件を超えるなど好調な滑り出しになっている。ソフトバンクモバイルは「ドコモに見劣りするものにはしない」と追随する構えを見せ、KDDIも通話定額制の導入を決めたと報じられるなど、業界の注目度も高い。

 カケホーダイは、音声通話を通話時間や回数によらず完全定額で利用できるプランで、料金(2年契約の場合)はスマートフォンで月額2700円(税別)、フィーチャーフォンで2200円(同)。パケット通信のデータ通信量を家族間・同一法人間等で分け合える料金プラン「パケあえる」と組み合わせる構成が基本となる。

 事前予約したユーザーは、6月1日を境に料金プランが自動で切り替わる。ユーザー側の操作などは不要という。ITmedia読者から「6月1日の切り替え時点で電源を切るなど通信しないようにしておかないと、旧料金との二重課金になる恐れがあるとの注意を受けた」という声が編集部に届いたが、同社は「そのようなことはない」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -