ニュース
» 2014年06月03日 07時06分 UPDATE

Apple、新プログラミング言語「Swift」リリース

「Swift」は、iOSおよびOS Xアプリ開発のための新プログラミング言語。Objective-Cのコードと併存するので、既存のアプリのSwiftでのアップデートも可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月2日(現地時間)、開催中の年次開発者会議「WWDC 2014」において、iOSおよびOS X開発者向けの新たなプログラミング言語「Swift」をリリースしたと発表した。対応する次期ツールセット「Xcode 6 beta」や参考資料はSwiftのページからダウンロードできる。

 swift 1 アイコンは飛ぶSwift(アマツバメ)

 Swiftは、CocoaおよびCocoa Touch向けに設計されており、コンパイラ型言語の性能とスクリプト型言語のインタラクティビティを併せ持つという。コーディングはインタラクティブで、高速なアプリを構築できるとしている。

 swift

 SwiftのコードはObjective-Cのコードと併存するので、既存のアプリのSwiftでのアップデートも可能だ。

 Appleは同日、4000以上のAPIを含むiOS 8のSDKもリリースした。

 swift 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -