ニュース
» 2014年06月09日 19時38分 UPDATE

トヨタとパナソニック、自動車と家電をつなぐサービス共同開発

トヨタ自動車とパナソニックが自動車と家電をつなぐサービスの共同開発を進めている。自動車の位置情報と連動し、自宅到着前にエアコン起動をすすめる機能などを開発中だ。

[ITmedia]

 トヨタ自動車とパナソニックは6月9日、自動車と家電をつなぐサービスの共同開発を進めていると発表した。自動車の位置情報と連動し、自宅到着前にエアコン起動をすすめる機能などを開発しており、今年後半にもサービスを開始する。

画像

 両社は昨年6月、自動車と家電をつなぐ次世代テレマティクスサービス開発での協力を合意。トヨタのクラウドサービス「トヨタスマートセンター」と、パナソニックの家電向けクラウドサービスをつなぐインタフェースを開発してきた。

 その成果として、自動車の位置情報と連動し、出かける際のエアコンの切り忘れを通知したり、帰宅時には到着前にエアコンの起動をすすめるなど、新サービスの実用化に向けて準備しているという。

 将来は、人、自動車、家、街までをつないだ「スマートモビリティ社会」の発展に取り組むとしている。

 新サービスは、6月18日〜20日に東京ビッグサイト(江東区)で開かれる「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタブースで紹介する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -