ニュース
» 2014年06月20日 17時44分 UPDATE

Google「ロリ」検索結果に変化 表示数回復、中小サイトもヒット アルゴリズム調整か

Google検索で「ロリ」を含むワードの検索数が激減し、大手サイトしか表示されなかった問題が解消した。Googleがアルゴリズムを調整したようだ。

[岡田有花,ITmedia]
画像 20日午後5時時点の「ロリ」検索結果

 Google検索で6月上旬ごろから、「ロリ」を含むワードを検索した際、表示される検索結果の数が激減し、WikipediaやTwitterなど大手サイトしかヒットしない状態になっていたが、6月20日までに多くのワードでその状態が解消した。

 20日現在、「ロリ」や「ロリ 陵辱」などで検索すると大量の結果が表示され、ブログやアダルトサイトなどもヒットするようになっている。SEO専門家の辻正浩さんは「おそらく、Googleがアルゴリズムを再検討したのではないか」とみている。


画像 19日と20日の「ロリ」検索結果1位〜20位

 辻さんによると、変化があったのは19日〜20日。「ロリ」の検索結果は、19日午前1時時点では25件のみ表示されていたが、20日午前1時には大量に表示される状態に戻った。13日時点では10件だった「ロリ 陵辱」の結果も、20日には大量にヒットするようになっている。「ロリ 巨乳」や「ロリコン」「ポロリ」も同様だ。

 表示されるサイトの種類も増えた。19日まではWikipediaやTwitter、ニコニコ動画など一部の有名サイトに限られていたが、20日にはブログ記事やアダルト動画サイト、イラスト投稿サイトなどさまざまなサイトがヒットするようになっている。

画像 検索結果ページの下部に「このページから児童虐待の可能性のあるコンテンツを削除しました」と表示が

 一部の検索結果のページには、「このページから児童虐待の可能性のあるコンテンツを削除しました。児童虐待に関するコンテンツを見つけたらご報告ください」と表示されており、Googleはこれらのワードを児童ポルノ関連ワードととらえているようだ。

 一方で「ロリ エロ」など、20日時点でも結果がほとんどヒットしないワードも残っており、アルゴリズムはいまだに調整中とみられる。

 6月上旬に始まった「ロリ」関連ワードの規制はGoogleがグローバルで行っている児童ポルノ対策の影響とみられ、「違法な児童ポルノを規制するために、少女を描いたアニメや漫画など合法な2次元の表現まで見られなくなった。表現の自由の侵害につながりかねない」などと批判が起きていた。また「ポロリ」など、児童と関係ないワードの検索結果も影響を受けており、Googleにアルゴリズムの調整を求める声が高まっていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -