ニュース
» 2014年06月23日 15時17分 UPDATE

都議会やじ問題、自民・鈴木都議が認める 抗議のネット署名は8万7000人に

都議会のやじ問題で、都議会自民党は同会派所属の鈴木章浩都議が「早く結婚したほうがいいんじゃないか」というやじ発言をしたことを認めた。鈴木都議は「少子化が大きな問題になっている中、女性に早く結婚していただきたいという思い」だったという。

[ITmedia]

 都議会で晩婚化問題などを質問する女性都議に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などと男性都議がやじを飛ばした問題で、都議会自民党は同会派所属の鈴木章浩都議(51、大田区選出)が発言主だったことを認めて謝罪した。鈴木都議は記者会見し、「不適切な発言でご迷惑をかけた」などと謝罪した。やじに抗議するネット署名への賛同者は8万7000人に達している。

photo 謝罪する鈴木都議=ニコ生より

 鈴木都議は会見で、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」というやじについて発言を認め、「少子化、晩婚化が大きな問題になっている中、女性に早く結婚していただきたいという思い」などと理由を述べた。ほかのやじについては誰が発言したかは分からないという。

 鈴木都議は会派離脱を申し出て受理されたという。「初心に返って、都議会の正常化のためにがんばりたい」として辞職は否定した。

 鈴木都議は20日には報道陣の取材に対し「私はない」などと関与を否定していた。

 やじ発言は18日の都議会本会議であった。晩婚化や晩産化対策について質問した塩村文夏都議(みんな)に対し、男性都議が「自分が早く結婚すればいいんじゃないか」などとやじを飛ばし、塩村都議はTwitterで「政策に対してのヤジは受けますが、悩んでる女性に対して言っていいとは思えないです」と批判。ソーシャルメディアなどで「セクシャルハラスメントだ」などと一般ユーザーからの批判が高まった。

 やじを飛ばした議員への処分を求め「Change.org」で始まったネット署名には23日午後3時の時点で約8万7000人が賛同している。

photo 処分を求める署名には8万7000人が賛同

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -