ニュース
» 2014年06月24日 08時12分 UPDATE

Microsoft、OneDriveの無料容量をGoogleと同じ15Gバイトに 有料分も大幅値下げ

Microsoftがクラウドストレージの無料分をGoogleドライブと同じ15Gバイトに増やし、有料プランも100Gバイトを7.49ドルからGoogleドライブと同じ1.99ドルに値下げした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月23日(現地時間)、クラウドストレージサービス「OneDrive」の無料容量をこれまでの7Gバイトから15Gバイトに増やすと発表した。また、有料ストレージの価格を改定し、消費者向けサブスクリプション制Officeの「Office 365」ユーザー向けの無料容量を1Tバイトに増量する。

 これらの増量/値下げは7月に実施する。

 drive 1

 OneDriveと競合する米Googleの「Googleドライブ」の無料容量は昨年5月から実質的に15Gバイトになっている。

 有料ストレージの月額料金プランは以下のように値下げされる。参考までに現行のGoogleドライブの現行プランを追加してある。

新旧料金プラン(料金は月額)
追加容量 旧料金 新料金 Googleドライブ
50GB 4.49ドル なし なし
100GB 7.49ドル 1.99ドル 1.99ドル
200GB 11.49ドル 3.99ドル なし
1TB なし なし 9.99ドル

 なお、Googleドライブの現在の有料プランは、100G/200G/1T/10T/20T/30Tバイトから選べる。

 日本では提供していない消費者向けOffice 365のユーザーはOneDriveを1Tバイト無料で利用できるようになる。5人で使える「Office 365 Home」の月額料金は9.99ドル、1人で使う「Office 365 Personal」は6.99ドルなので、Googleドライブの1Tバイトプランと同等もしくは安く、しかもOfficeを利用できる。日本でも利用できるOffice 365 Businessは既に1人当たり1Tバイトが無料になっている。

 drive 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -