ニュース
» 2014年06月27日 16時28分 UPDATE

「ファンタシースターオンライン2」、攻撃は小康状態に 6月中の再開目指す

サービス停止中のPSO2へのDDoS攻撃は小康状態になりつつあるという。6月中の再開を目指して準備を進めている。

[ITmedia]
photo

 セガが運営するオンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」(PSO2)がDDoS(分散型サービス拒否)攻撃を受けて一時停止している問題で、運営チームは6月27日、攻撃が「小康状態になりつつある」ことを明らかにした。6月中の再開を目指して準備を進めているという。

 DDoS攻撃は6月19日に始まり、同日夜にゲームサーバを一時停止。現在、「アークスキャッシュ」の購入とPC/PS Vita版へのログイン、スマートフォン版「PSO2es」へのログイン、体験版のダウンロードを停止している。

 対策状況を確認しつつサービスを再開するため、再開当初はアークスキャッシュの購入は停止した状態になるという。またスマートフォン版のPSO2esの再開はしばらく時間がかかるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -