ニュース
» 2014年06月30日 13時07分 UPDATE

総務省の“変な人枠”事業名は「異能vation」 個人公募は7月14日から 角川アスキー総研が事務局

総務省の“変な人”枠の事業名が「異能vation」(いのうべーしょん)決定した。

[ITmedia]

 総務省はこのほど、「奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する人」を支援する「独創的な人向け特別枠(仮称)」(通称:変な人)の事業名を「異能vation」(いのうべーしょん)に決めたと発表した。

 公募していた事務局運営企業は、外部有識者による評価を踏まえ、角川アスキー総合研究所に決定。個人の公募は7月14日〜8月20日に行う。詳細は公募開始の日に改めて告知する。

 同特別枠は、「ICT分野で破壊的な地球規模の価値創造を生み出す」ことを目的に、「奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する人」を支援。10件程度採択し、最大で300万円の研究費を支給する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -