ニュース
» 2014年07月02日 07時28分 UPDATE

Microsoft、Outlook.comとOneDriveもTLS/PFSでサービス暗号化

Googleに続き、Microsoftも自社のオンラインメールサービスのTLSおよびPFSでの暗号化を開始した。OneDriveでもPFSを採用する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月1日(現地時間)、Outlook.comのTLS(Transport Layer Security)およびPFS(Perfect Forward Secrecy、Forward Secrecyとも呼ばれる)のサポートと、OneDriveのPFSサポートを発表した。

 同社は昨年12月、米連邦政府がインターネットデータに違法にアクセスしていたという一連の報道を受け、同社のサービスの暗号化、ユーザーデータの法的保護、コードの透明化に取り組むと発表。Microsoft Azure、Skype、Office 365では既に暗号化を強化済みだ。

 米Googleは3月にGmailでメールを送受信する際のすべての通信に、暗号化されたHTTPS接続を利用すると発表した。

 Microsoftはまた、本社キャンパスに透明性に取り組む「Microsoft Transparency Center」を設置したことも発表した。各国政府は同センターで、同社の主要サービスに「バックドア」がないことを確認できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -