ニュース
» 2014年07月02日 14時54分 UPDATE

JR山手線に新型車両「E235系」 15年秋から営業運転

JR東日本が次世代通勤電車「E235系」の先行量産車を製作し、15年秋ごろから山手線で営業運転を開始する計画だ。

[ITmedia]

 JR東日本は7月2日、次世代通勤電車「E235系」の先行量産車を製作し、2015年秋ごろから山手線で営業運転を開始する計画を明らかにした。各車両に車いすやベビーカー用のフリースペースを整備し、車内広告は液晶ディスプレイによるデジタルサイネージ化する。

photo 新型車両のイメージ=JR東日本のニュースリリースより

 前面の大きな窓やディスプレイの採用などで「お客さま、社会とコミュニケーションする車両がデザインコンセプト。現行の「E231系500代」と比べ、中間者の優先席を1両当たり3席増やすほか、1人当たり腰掛け幅が46センチとなり、これまでから1センチ広がるという。前面・側面の行き先表示装置はフルカラー化する。

photo 新型車両(上)にはフリースペースが設けられる
photo

 次世代パワー半導体として期待される「SiC」(シリコンカーバイド、炭化ケイ素)の採用により、電力ロスの低減と回生ブレーキによるブレーキ時の回生エネルギーを増加させるほか、コンプレッサをオイルフリーとするなど、環境性能も向上するという。

 量産先行車は11両編成で、うち10両が新造で1両が改造。来年3月以降に完成、走行試験をへて同年秋ごろから山手線で営業運転を始める。

photo 現行車両との比較

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -