ニュース
» 2014年07月03日 11時41分 UPDATE

Google Mapsでトリビアを競うゲーム「SMARTY Pins」

Googleが、地名にちなんだクイズの答えをGoogle Maps上に“ピン”するゲームを公開した。メダルを獲得するとFacebookやGoogle+で自慢できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月1日(現地時間)、Google Mapsを使ったオンラインクイズ「SMARTY Pins」を公開した。

 maps 1

 「Start a new game」ボタンをクリックすると、例えば「ここでは3日間で15万人以上が集まる最大のコミコンが開催される」といったクイズ(答えはサンディエゴ)が表示され、地図上の該当する地名の上にピンを置くことで回答する。スタート前に得意なカテゴリーを選ぶことも可能だ。

 maps 3

 あらかじめ答えが含まれる地域の地図が表示されるので、答えの地名が分かれば比較的簡単にクリアできる。

 maps 2 正解すると褒められる

 スタート時点で1000マイル(1609キロ)分与えられ、答えを間違えると正解とピンの直線距離が引かれていき、ゼロになるとゲームオーバーだ。

 maps 3 正解との誤差の距離分を持ち距離から引かれる

 5問正解すると銅メダルが、10問で銀メダルが、15問で金メダルがもらえ、メダルを獲得するとFacebook、Twitter、(そしてもちろん)Google+でシェアできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -