ニュース
» 2014年07月04日 18時35分 UPDATE

LINEメッセージを親がチェック、いじめ防ぐ「Filii」

子どもが受信したLINEメッセージに、いじめや犯罪につながるキーワードが目立った場合、親に通知するアプリが登場した。

[ITmedia]

 ネットベンチャーのエースチャイルドはこのほど、子供が受信したLINEメッセージに、いじめや犯罪につながるキーワードがあれば親に通知する仕組みを、Android向けペアレンタルコントロールアプリ「Filii」(フィリー)に実装した。無料で利用できる。

画像 親用画面に届いたアラートの例

 子どもの端末にインストールし、本人の承諾を得た上で使ってもらうアプリ。LINEだけでなくcomm、カカオトーク、Twitter、Facebookに対応しており、危険なキーワードを含むやりとりが目立った場合、そのキーワードとやりとりの相手などを、親用のWebページに送る仕組みだ。

 メッセージ全文は取得せず、キーワードと日時、やりとりしている相手の名前のみを送るため、「監視ではなく、子供との情報共有」としている。

 LINEの分析では、届いたメッセージなどを知らせるAndroidの機能「通知センター」のデータを利用。送信メッセージは分析できず、受信メッセージのみが対象となっている。

 アラートの対象となるキーワードは、「氏ね」「うざい」「カス」「キモい」「バカ」「クズ」「スルー」「KY」など、いじめに関連すると思われるワード、「ゴム」(コンドーム)、「円光」(援助交際の隠語)、「犯す」、「ストロベリーフィールド」(LSDの隠語)、「オフ交換」(違法コピーしたゲームなどを直接会って交換すること)など。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -