ニュース
» 2014年07月07日 08時26分 UPDATE

Apple、高級時計ブランドTAG Heuerの幹部を引き抜き──LVMH幹部が語る

10月に“iWatch”を発売するとみられるAppleが、スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーの販売担当幹部を引き抜いたと、親会社LVMHの時計部門統括者がCNBCのインタビューで語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが、スイスの高級時計ブランドTAG Heuer(タグ・ホイヤー)の販売担当ディレクターを引き抜いたと、TAG Heuerを傘下に持つ仏高級ブランドグループLVMHの幹部が7月4日(現地時間)、米CNBCのインタビューで語った。

 LVMHの時計部門を統括するスイスHublot(ウブロ)のジャン-クロード・ビバー会長兼CEOは、インタビュアーの「Appleが時計業界の人材を引き抜いているといううわさをどう思いますか?」という問いに「実際に引き抜きが行われており、昨日もTAG Heuerの販売ディレクターがAppleのiWatchの仕事を受けるために退社した」と答え、「貴重な人材を失うのは残念だが、Appleは優れた企業であり、祝福すべき転職だ」と語った。

 biver CNBCのインタビュー番組に出演したジャン-クロード・ビバー氏

 Apple自身は何も発表していないが、同社が腕時計型のウェアラブル端末「iWatch」を今秋にも発売するといううわさが高まっている。同社は昨年7月、仏ファッションブランドYves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)の前CEO、ポール・ドヌーブ氏を“特別プロジェクト”のために採用し、1月にはバイオセンサーの専門家を採用した。米Reutersによると、台湾Quanta ComputerがiWatchの量産を7月に開始し、発売は10月になる見込み。情報筋によると、Appleは同端末を最初の1年間で5000万台出荷する計画という。

 同社はまた、英ファッション企業BerberryのCEO、アンジェラ・アーレンツ氏を引き抜きリテール&オンラインストア担当上級副社長に迎えた


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -