ニュース
» 2014年07月08日 07時28分 UPDATE

Oculus、ゲーム用ミドルウェアのRakNet買収と開発者会議開催を発表

HMDメーカーのOculus VRが、SOEやMinecraftも採用するミドルウェアのRakNetを買収し、コードをBSDで公開した。同社はまた、9月に初の開発者会議を開催することも発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)メーカーの米Oculus VRは7月7日(現地時間)、ネットワークゲーム開発向けミドルウェア「RakNet」を買収し、オープンソースで公開したと発表した。

 RakNetはクロスプラットフォーム(iOS、Mac、Android、Xbox 360、PS3、Linuxなど)のC++およびC#によるゲームネットワークエンジン。Sony Online Entertainment(SOE)や米Unityなどの大手の他、米FacebookによるOculus買収に反発してOculus Rift版の開発をキャンセルしたMinecraftも採用している。

 racknet

 OculusはRakNetをFacebookのプログラミング言語「HACK」と同じBSDライセンスで、GitHubで公開した。オープンソースにすることで、サードパーティーによるOculus Rift向けゲームやアプリの開発を促進する狙いだ。

 Oculusはまた、9月19〜20日に米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッドで初の開発者会議「Oculus Connect」を開催することも発表した。7月10日から特設ページで参加を申し込める。

 oculus 2

 FacebookによるOculus買収は間もなく完了する見込み。Oculusは6月に、インダストリアルデザイン企業の米Carbon Design Groupを買収すると発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -