ニュース
» 2014年07月11日 09時15分 UPDATE

Google、Microsoft、Red Hat、IBMがDockerサポートで団結

Googleが先月立ち上げたコンテナ型仮想化ソフト「Docker」の管理ツール「Kubernetes」のプロジェクトに、Microsoft、Red Hat、IBM、Docker、Mesosphere、CoreOS、SaltStackが参加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月10日(現地時間)、「Docker」コンテナの管理ツール「Kubernetes」(リンク先はGitHub)のプロジェクトに米Microsoft、米Red Hat、米IBM、米Docker、米Mesosphere、米CoreOS、米SaltStackが参加したと発表した。

 docker 「Dockerの価値はその技術にではなく、人々を合意させる力にある」(6月のDockerConのスライドより)

 Dockerは、アプリを構築、リリース、運営するためのオープンソースのコンテナ型仮想化ソフト。GoogleMicrosoftをはじめとする多数のクラウドサービス企業が自社内のクラウドおよび顧客向けサービスで採用している。6月に正式版がリリースされた。

 Kubernetes(クーバーネイテイスと読む。ギリシャ語で操舵手の意)は、6月にGoogle App EngineでDockerをサポートすると発表した際、オープンソースで公開したDocker管理ツール。Dockerコンテナをクラスタとして扱い、デプロイやレプリケーションなどの機能を提供する。

 Googleは、今回プロジェクトへの参加を表明した各社はそれぞれに強みを持っており、その強みを合わせることでKubernetesをあらゆるクラウドのためのオープンで強力なコンテナ管理フレームワークに育てていくと語った。

 MicrosoftはAzureのLinux仮想マシンでKubernetesをサポートする。Red Hatは、同社のオープンなハイブリッドクラウドでKubernetesをサポートする。IBMはKubernetesにコードを提供し、プロジェクトのガバナンス構築を支援する。Dockerは同社の標準インタフェース「libswarm」(リンク先はGitHub)にKubernetesのフレームワークを整合させる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -