ニュース
» 2014年07月11日 19時12分 UPDATE

中学生のスマホ所有率は34.4% 親の4割は「本当は持たせたくない」

中学生の3人に1人がスマートフォンを持っているが、4割の保護者は「本当は持たせたくない」と思っている――GABA調査。

[ITmedia]

 英会話教室を展開するGABAは7月10日、小中学生のスマートデバイス利用状況に関する調査結果を発表した。スマートフォン所有率は小学生高学年が7.8%、中学生が34.4%で、タブレット所有率は中学生が17.1%だった。

photo 小中学生のスマートフォン/タブレットの所持率

 子どものスマートデバイス所有に関する親の意識を聞くと、スマートフォンを「持たせてもよいと思っている」は59.7%、「本当は持たせたくない」は40.3%。タブレット端末を「持たせてもよいと思っている」は57.1%、「本当は持たせたくない」は42.9%だった。

 調査は小中学生の子を持つ20〜59歳の男女1000人に対してインターネット上で実施した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -