ニュース
» 2014年07月14日 13時36分 UPDATE

自分が死んだら課金停止、「Yahoo!ボックス」のデータ削除……死に備える「Yahoo!エンディング」

自分や家族の死に備える「Yahoo!エンディング」がオープン。ユーザーの死亡が確認できた段階で、「Yahoo!ウォレット」の課金を停止したり、「Yahoo!ボックス」のデータを削除するサービスなどを備えた。

[ITmedia]
画像

 ヤフーは7月14日、自分や家族の死に備えるWebサイト「Yahoo!エンディング」を開設した。ユーザーの死亡が確認できた段階で、生前に利用していた「Yahoo!ウォレット」の課金を停止したり、「Yahoo!ボックス」のデータを削除するサービスなどを備えている。葬儀関連情報サービスの鎌倉新書と協力して運営する。

 自分が死んだ時、最大200人に送れるメッセージを個別に作成しておける(費用は月額180円、Yahoo!プレミアム会員は無料)ほか、生前に登録しておいた友人・知人に共通のお別れメッセージを表示し、訪問者が追悼メッセージを残せるメモリアルスペースも備えた。

 ユーザーが亡くなったことは、公的証明書(火葬許可証)を基に確認した上でメッセージの送信や表示を行うため、「なりすましによる遺言メールの誤送付などの心配をせずに安心して生前準備を行える」としている。

 葬式などの見積もりをオンラインで確認・手配できる「葬儀手配」、相続税や遺言状などの基礎知識を学んだり専門家に依頼できる「相続・遺言」などのコンテンツも用意した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -